MENU

セルテートSW6000H【インプレ】軽さとタフさを両立した本格派ジギングリール

セルテートsw6000-h

タフさに定評のあるセルテートに、新たに加わった大型サイズがSWシリーズ。

PE3号を300m巻けるラインキャパを持った、大型のハイギアスピニングリールです。

SWはソルトウォーターの略になります。

オフショアだけではなく、ショアからのキャスティングにも使いやすく、汎用性の高いモデルが6000番です。

「エアローター」が採用されているので、巻き始めが非常に軽くレスポンスも抜群です。

耐久性抜群のモノコックボディには、大口径のジュラルミン製ギアが内蔵。

シャローエリアでのジギングや、シイラのようなゲーム性を重視したトップゲームに最適です。

ジュラルミン製ギアは非常に軽く、噛み合わせの精度が高いので、ハイギアと思えない滑らかな巻き心地を生み出します。

目次

スペックと搭載機能

  • ギア比:5:7
  • 自重:375g
  • 最大ドラグ力:15kg
  • ハンドル1回転:101cm
  • PE糸巻き量(号):3-30m0, 4-220m
主な搭載機能
  • マグシールド
  • ATDシステム
  • モノコックボディ
  • G1ジュラルミン製MCタフデジギア
  • ZAIONエアローター
セルテートsw6000h

ダイワ最新技術「モノコックボディ」の恩恵で、とにかく軽量で強度が高いのが特徴。

ジギングでハイピッチのジャークを繰り返すようなシーンでも、体への負担がとても少ないメリットがあります。

セルテートsw6000h

ハンドルノブは「ハイグリップエッグタイプ」なので、手に馴染みやすく安定したジグ操作ができます。

さらに魚とのファイト時にも、抜群の巻き取りトルクを発揮します。

大物の強烈な引きにも、主導権を渡さずにやり取りすることが可能です。

大型魚とのファイトも◎

魚の引きに合わせて効き続ける、「ATDシステム」が採用されたドラグが滑らかに作動。

一定の負荷を掛け続けてくれるので、青物などの急激な突っ込みに対するラインブレイクを防いでくれます。

また、ハイギアモデルでも巻き上げ時のトルクがとても高く、スピニングとは思えない力強いファイトが楽しめます。

6000番サイズからは想像できない、軽さと強さを合わせ持ったハイスペリールです。

みんなの口コミ

まだ使い始めたばかりですが、これなら安物買いの銭失いにはならないかと‼️オフショアはほぼしないので不明確ですが、ショアこそ逃げが無いので高剛性が最も求められると思ってます6000xhがとても丁度よく1日投げ切れますが、14000クラスになると流石に重く…少々キツイですね。

Amazonレビュー

21セルテートSW6000-Hを購入しました。凄く軽くて(375g)ザイオンローターもガチガチです!!しかも巻き感最高です!!ステラSWよりも良いんじゃないか?て思うほどです。

Amazonレビュー

実釣はまだですが、本体の軽さ巻き心地共に申し分あるません。何より回転の立ち上がりが早い&軽い(^^)静かな所でのシュルシュル音が少し気になりますが、使い込んで行くうちに馴染んで消えていくことを期待します。

Amazonレビュー

実際のインプレッション

セルテートsw6000h

手にした第一印象は、「モノコックボディ」による圧倒的な軽量感と剛性を秘めた強度感。

トルクの強さもハンドルを回しただけで実感できます。

また、「ZAIONエアローター」が採用されため、ハンドルの動きも非常に軽くなっています。

近海ジギングで使用頻度の高い150g程度のジグであれば、長時間しゃくり続けても疲れをほとんど感じません。

ジュラルミン製の「タフデジギア」の恩恵もあり、巻き上げもとても滑らかで操作性も抜群です。

着底から見切られづらい、初速の速いジグアクションが可能となっています。

  • ギア比:5:7
  • 自重:375g
  • 最大ドラグ力:15kg
  • ハンドル1回転:101cm
  • PE糸巻き量(号):3-30m0, 4-220m

PE2号~3号を使用するショアキャスティングゲーム、オフショアジギング&キャスティングゲーム最適のモデルです。

あのアングラーも絶賛!

ビッグゲーム界の帝王「井上友樹」も大絶賛!

現在はジャンプライズの社長ですが、シマノやダイワのテスターを務めたこともり、説得力が半端ないです。

井上スタイルと呼ばれる唯一無二のパワーファイトから、数々のリールを破壊し、耐久性や機能性をチェックしてきた漢(オトコ)です。

「ソルティガSW」や「ステラSW」の性能や能力を認めつつ、忖度なしで「セルテートSW」を語っています。

この動画ではヒラメゲームやヒラスズキを語っていますが、コスト、機能、耐久性、実用性で言ったら
現在は「セルテートSW」を推しているのも必見です。

動画は32:50あたりから注目です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次