エリアトラウトロッド

【管理釣り場】おすすめのエリアトラウトロッドと正しい選び方

エリアトラウトロッド

エリアトラウトを始めたい!でも、ロッドはどのようなものを選んだらいいの?

エリアトラウトは装備が手軽で、初心者でも気軽に始められる釣りですが、エリアトラウトは非常に奥の深い釣りでもあります。

エリアトラウトを始めたばかりのビギナーは、1日の中で釣れる時間帯やタイミングが限られています。

しかしながら、エリアトラウト上級者になると、どんなにシブい時間帯でも1日中アタリを継続させることができるからです。

 

ポイントは、エリアトラウトロッドの選び方。

エリアトラウトロッドは、ただルアーをキャスティングできれば良いというものではありません。

トラウトの繊細なアタリをキャッチし、違和感なくルアーを食い込むことのできる繊細なロッドが必要です。

このページでは、エリアトラウトロッドの選び方から、管理釣り場で使えるオススメのエリアトラウトロッドを紹介しています。

  • エリアトラウトに挑戦したい!
  • エリアトラウトを極めていきたい!

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

エリアトラウトロッドの使い分け

エリアトラウトでは、様々なタイプのロッドを使い分けていきます。

使い分ける基準は、次の2通りです。

  1. 魚のサイズでロッドを選ぶ
  2. ルアーの重さでロッドを選ぶ

トラウトのサイズでロッドを選ぶ

キャスティングでトラウトを狙う場合、トラウトロッドはパワーランクが決まっています。

上から順に『H・MH・M・ML・L・UL・XUL』の順でロッドの硬さが表記されていて、エリアトラウトで使用するのは、L・UL・XULあたり。

上から順に硬いモデル

  1. L(ライト)
  2. UL(ウルトラライト)
  3. XUL(エクストラライト)

H・MH・M・MLは、源流トラウトモデルとなっていて、シーバスロッドに近い構造となっています。

ルアーの重さでロッドを選ぶ

トラウトロッドに表記されているルアーウエイトを参考にしながら選んでいきましょう。

1g以下の超軽量ルアーを使用したい場合は、ULXULがオススメとなります。

また、ロッドの硬さによって、ロッドの振り抜きやすさが変わってきます。

ロッドが柔らかいほど、強く振らなくもルアーが飛んでいきます。

初心者であれば、UL(ウルトラライト)かXUL(エクストラライト)がオススメです。

ロッドの長さで選ぶ

エリアトラウトでは、5.5~6.0ftくらいのロッドを使用するのが一般的。

エリアトラウトでは、片手でキャスティングをするのが基本なので、軽くて短いものを使用します。

基本的には、狙う魚のサイズが大きくなれば、長めのロッドを使用しましょう。

 

例えば、入っている魚のアベレージが20cm以下であれば、5.5ftのロッドで十分です。

逆に、50cm~60cmのような大型トラウトがターゲットの場合は、6.0ft以上のロッドを使用します。

また、大きめの管理釣り場でロングキャストが必要な場合でも、6.0ft以上のロッドを使用することもあります。

  1. 狙う魚のサイズ
  2. 管理釣り場のサイズ

の2点からロッドを選んでみましょう。

人気のエリアトラウトロッド5選

エリアトラウトの王道ロッドです。

価格は1万円〜2万5000円までのものをピックアップしました。

どのロッドの品質も非常に良く、スペックも高いのが魅力です。

「エリアトラウトの本格的に取り組みたい!」というひとは、ぜひ参考にしてみたください。

プレッソV(ダイワ)

ダイワから販売されている中位機種モデル。

2万円~2万5000円の価格帯で購入できるので、脱初心者を目指しているアングラーにオススメできる製品です。

プレッソV60XUL

スプーンからクランクまで使用できるオールラウンダーモデル。

プレッソシリーズで最もライトなスペックで、舐めるようなわずかなバイトでも掛けていきます。

プレッソV60UL

エリアトラウトで最も使用頻度の高い、1~2gの軽量スプーンを手返し良く扱えるモデル。

ULクラスのバッドにすることで、40cmクラスのトラウトでもパワー負けせずに浮かせます。

トラウトワンAS(シマノ)

トラウトワンASは、シマノから販売されているエリアトラウト専用のスペシャルモデル。

中級者~上級者向けに製作されており、3万円以下で購入できる人気シリーズです。

トラウトワンAS S57XUL-F

トラウトワンASシリーズの中でも、圧倒的なライトスペックモデル。

1g以下のマイクロスプーンを自在にキャストできます。

トラウトワンAS S60SUL-F

スプーン、クランク、ミノーなど、1.0~4.5gまでの様々なルアーに対応。

エリアトラウトのオールラウンダーモデルで、非常にクセのないロッドに仕上がっています。

ファインテール エリア(メジャークラフト)

メジャージャークラフトから販売されているシリーズで、1万5000円で購入できる本格派エリアトラウトロッド。

スペックも充実しており、「エリアトラウトに高額な予算は掛けられない」という方にピッタリのシリーズです。

ファインテールFAX-602SUL

0.6g~3.5gの超軽量スプーンを扱うロッドとしては、非常に珍しい6ftレングスです。

繊細なアタリをとりながらも、不意の大型トラウトにも対応したモデルとなっています。

ファインテールFAX-632UL

ファインテールシリーズで最もポピュラーなモデル。

張りのあるバットと、繊細なティップがうまく融合しており、擦れたトラウトを掛けて獲ることを得意としています。

エステルラインやPEラインとの組み合わせで、遠くのショートバイトも拾うことが可能です。

メジャークラフトのシリーズの中でも、エントリーモデルとは明らかに一線を超えたモデルです。

レイズ(天龍)

テンリュウ(天龍)から販売されているシリーズで、3万円前後の価格帯で購入できるロッド。

細身でシャープな外観ながら、大型トラウトにも対応できるブランクが魅力です。

RZ542S-L

3~5gのスプーンやミノーを中心に、渓流域でも使用できるブランク全体にハリを持たせたモデルです。

エリアトラウトロッドをメーカーで選ぶ

シマノからエリアトラウトロッドを選ぶ

ダイワからエリアトラウトロッドを選ぶ

安いエリアトラウトロッド3選

ここで紹介するのは、1万以下で購入できるエリアトラウトロッドです。

エリアトラウトは、安いロッドでも大丈夫?

安いエリアトラウトロッドは、すぐに壊れたりしないか不安かもしれません。

が、エリアトラウトが壊れることはほとんどありません。

大切なのは、使用するスプーンの重さに対して、適切なロッドを使用すること。

3gまでしか背負えないロッドに対して、5gのルアーを投げてしまうなど。

このような基本的なマナーさえ守っていれば、5万円のロッドでも1万のロッドでも壊れることはありません。

ここでは、入門者向けエリアトラウトロッドを紹介しています。

「これからエリアトラウトに挑戦したい!」というひとは参考にしてください。

トラウトライズ(シマノ)

シマノから発売されているエントリーモデル。

「まずは最初の一本が欲しい!」という方にオススメです。

トラウトライズ62SUL

トラウトライズS63UL

マスビートⅢ(アブガルシア)

アブガルシアから発売されているマスビートシリーズ。

エリアトラウト入門者向けに製作されたモデルですが、2020年にリニューアルされて本格的なエリアトラウトロッドになりました。

MBS-632UL

上級者向けのハイエンドモデル3選

カーディフエリアリミテッド(シマノ)

シマノから販売されている、エリアトラウト専用の上級者モデル。

シマノの最高峰の技術を搭載し、「使用感」「デザイン」「スペック」など細部までこだわり抜いたシリーズです。

価格帯は7万円前後で購入できるので、まさに限られたアングラーのみが使用できるロッドとなります。

カーディフエリアリミテッドS62SUL

カーディフエリアリミテドのシリーズで最もライトなモデル。

3gまでのスプーンをメインに、クランクやミノーなど様々なルアーに対応しています。

カーディフエリアリミテッドS66SUL

カーディフエリアリミテッドの中で、最も汎用性に優れたモデル。

3~5gのルアーをメインに、60cmオーバーの大型トラウトもロッドのパワーで浮かせてきます。

持ち運びに便利!パックロッド3選

ルアーマチック(シマノ)

シマノから販売されている携帯用ポータブルロッド。

バスやトラウトの淡水フィッシングから、メバリングやアジングなどのソルトライトルアーにも対応したモデルが販売されています。

ルアーマチックS56UL

5.6ft設計のショートレングスロッド。

仕舞寸法が87cmの2ピースロッドなので、エリアトラウトはもちろん渓流域のトラウトゲームにも最適です。

-エリアトラウトロッド

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5