アジングロッド

鱒レンジャーNext【インプレ】究極の激安ロッドはやっぱりずごかった!

鱒レンジャーnext

究極の格安ロッド『鱒レンジャー』をご存知でしょうか?

その名の通り、エリアトラウトを想定したライトルアーロッドです。

鱒レンジャーは「鱒レンジャー」→「鱒レンジャー改」と過去に何度かリニューアルしていて、今回の『鱒レンジャーNext』が最新版となります。

カラー展開は、レッド、ブルー、イエロー、グリーン、ピンクから選べ、シャインカラーで散りばめられたラメが明るく映えるのが特徴。

まるで戦隊モノのカラーバリエーションを連想させてくれます。

 

このページでは、『鱒レンジャーNext』のインプレッションを含めて徹底レビュー!

 

3000円弱で購入できることから、その品質に疑問を持つアングラーも多いと思いますので、「ロッドの特徴」「使い心地」「おすすめの機能」などをまとめました。

結論を言うと、これからエリアトラウトを始めたい初心者にオススメのロッドです。

ジギマニくん
鱒レンジャーNextの購入を考えている方は参考にしてみてください。

鱒レンジャーNextの特徴

圧倒的に軽く、極端に短いのが鱒レンジャー。

従来の鱒レンジャー改は、グラスソリッド採用の超軽量トラウトロッドでしたが、ロッドが曲がりすぎてしまうのが気になるところでした。

Nextへ改良するにあたって、従来よりもロッドのハリを意識。

Nextは、グラスソリッド特有の軽さだけでなく、程よくしなやかで折れにくいという特徴を併せ持ちます。

 

長さは、4ft(約120cm)と5ft(約150cm)モデルがラインナップ!

 

エリアトラウトとしては、極端に短い部類に入ります。

極端なショートレングスにすることで、圧倒的な操作性を実現。

周りに障害物があるなど、制限のある場所でのキャストも簡単になりました。

ヤマメやイワナ狙いの渓流釣りでは、重宝したいトラウトロッドです。

鱒レンジャーNextの使い心地

非常に柔らかいですが、粘り強さを感じるのが鱒レンジャー。

掛けた魚が引けば引くほど、綺麗なカーブを描いてロッド全体で追従します。

ジギマニくん
ロッドが大きくしなるので、小物がかかったときにでも、大物であるかのような楽しさが満喫できます!

また、Nextへの改良によって、ロッドの反発力が格段にアップ。

小さな力で、長い飛距離を産み出します。

振り抜き感も良くなり、スプーンミノークランクなど、様々なルアーを正確にキャストすることができます。

コントロール性も抜群でピンポイントにアタックする釣りに最適です。

特に、ミノーの連続トゥイッチや足の長いダートの操作性は抜群で、柔らかい割にしっかりアクションが決まります。

感度も十分で、ルアーの動きがしっかり手元に伝わります。

ロッドカスタム(改造)にも最適

鱒レンジャーNextは、2000円前後で買える激安ロッド。

思い切ってカスタマイズし、自分好みに仕上げてみてはいかがでしょうか。

ガイドを変えたり、ティップを弄ったりと自分だけの鱒レンジャーを作り出すことが出来ます。

ジギマニくん
ロッドカスタムに興味がある人は、絶対にハマると思います!

鱒レンジャーNextのラインナップ

鱒レンジャーNextは、『SP40(4ftモデル)』と『SP50(5ftモデル)』の2種類がラインナップ。

その他のスペックは同じなので、お好みの長さで選んでください。

Next SP40

全長ルアーウエイト適合ライン
4ft(約1.2m)1~7g2~4lb

4ft(120cm)の超ショートロッド。

とても軽く短いため、子供用での購入も十分おすすめできます。

グリップ部分はしっかりしていて、ワンハンドでも安定したキャスティングが可能に。

ブッシュなど、周りの障害物が気になる渓流釣りにおすすめです。

また、非常にニッチな使い方として、テトラ帯での穴釣りにも最適です。

Next SP50

全長ルアーウエイト適合ライン
5ft(約1.5m)1~7g2~4lb

5ft(約150cm)のショートロッド。

適合ラインは2〜4lbで、キャスト出来るルアーウェイトは1~7gです。

竿全体がしなやかに曲がるので大型トラウトを掛けても安心してファイト出来ます。

3000円弱で管釣りが始められるので、エリアトラウト 初心者にもおすすめのロッドです。

-アジングロッド