SLJリール

もうこれで迷わない?スーパーライトジギング【SLJリール】番手の選び方!

スーパーライトジギングリール 番手

スーパーライトジギングでは魚種が豊富!

30cm弱の「イサキ」「サバ」「カサゴ」といった小型の物から、「マダイ」「ブリ」といった大型のフィッシュイーターまで釣れてしまいます。

 

ひとり
ひとり
そこで悩むのが、リールの大きさですよね!

 

あまりに大型のリールだと、小型の魚とのファイトが楽しめない。

リールが小さすぎても、大型魚が上がらなくなってしまう。

すごく悩ましいところです。

 

結論から言ってしまえば、狙う魚種や水深によってリールの大きさを変えていくことが望ましいです。

このページでは、SLJリールの番手の選び方オススメのSLJリールを紹介しています。

これからスーパーライトジギングに挑戦する

SLJリールの選び方に悩んでいる

なんて方にもオススメの記事となっています。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

スーパーライトジギングで使用するリールは?

スーパーライトジギングでは、スピニングリールベイトリールどちらでも可能です。

船の流し方によって、スピニングとベイトリールを使い分けていきましょう。

ドテラ流し

横から受ける風の力によって、船を流す方法。

船は風に乗ってドンドン流されるので、広範囲を攻められるのがポイントです。

 

横流しスタイルでは、スピニングリールを使う場面が多くなります。

ラインが斜めに入っていくので、スピニングリールでガンガン巻き上げた方が誘いやすいからです。

横引きに近い状態で、ジグのアクションをさせた方が有利になります。

 

また、スピニングの利点はキャスティングが可能になること。

特に水深の浅いエリアでは、広範囲を攻めていくのが基本スタイルになります。

手返し良くキャスティングを繰り返す場面では、圧倒的にスピニングリールがおすすめです。

ラインを立てたバーチカルジギング

パラシュートアンカーや船の操舵によって、ラインを海面と垂直にして釣りをする流し方のこと。

特に水深の深いポイントを攻めるときや、ピンポイントの根を攻めるときに有効になります。

バーチカルジギングでは、ラインを立てた状態でジギングをするので、穂先のライン絡みが頻繁に起こります。

基本的には、ベイトリールの方が無難です。

 

また、ジグを真下に落とすので、フリーフォールの際のライントラブルも気になるところ。

特にスピニングリールのフリーフォールは、SLJ初心者には難しくなります。

船上でのライントラブルは、スーパーライトジギングでは避けたいですよね。

船酔いの原因にもなりますし、時合いを流すことだってあります。

スーパーライトジギング初心者は、バーチカルの場面では積極的にベイトリールを使用していきましょう!

スーパーライトジギングリールの大きさ

スーパーライトジギングでは、小型~中型のリールを使用します。

スピニングリールであれば、2000~3000番台となります。

ベイトリールであれば、200~300番台。

また、ダイワとシマノでは、規格サイズが若干違いますので注意が必要です。

スピニングリール

「小型の根魚」「イサキ」「ホウボウ」を狙う場合は、2000番台のスピニングリールがオススメ。

2000番台のメリットは、非常にコンパクトな軽いリールであること。

水深40mくらいまでであれば、キャスティングでも手返し良く攻めることができます。

回遊魚(イナダ・ワラサ・ヒラマサなど)がターゲットになる場合は、3000番台のスピニングリールを使用しましょう。

回遊魚の引きは、非常に強烈です。

少しでも大きなリールを使用した方が有利となります。

できれば、HG(ハイギア)モデルのリールがオススメ!

キレのあるダイナミックな動きを、ジグに付けられるのもメリットとなります。

ベイトリール

バーチカルなジギングで使用します。

メインターゲットは、中層に浮いている青物が多くなるでしょう。

ベイトリールは、スピニングリールよりもパワーが出るのが特徴。

200番台であれば「PG」、300番台であれば「PG」と「HG」を使い分けていくことも可能となります。

PGのメリットは、ジグの動きを抑えてリーリング力に優れていること。

活性の低い日や、フォール重視で食わせたいときに使用します。

HGのメリットは、ジグの動きを大きくできることです。

ガンガンしゃくって、リアクションバイトを狙ってみましょう。

活性の高い日や、ボトム付近の外道を避けたいときに有利となります。

オススメのSLJリール

スピニングリール

ベイトリール