スロージギングリール

スロージギングにベイトリールを奨励するたった3つの理由とは?

スロージギングリール

ひとり
ひとり
スロージギングを始めたい!でも、スピニングリールではできないって本当?

スロージギングに挑戦したいけど、ベイトリールの購入をためらってしまう人は多いかもしれません。

ベイトリールはスピニングリールと全く構造が違いますからね。

 

私は「こんな小さなリールで本当に魚巻き上げられるの?」とか「なんか、スピニングと違ってリール上向いてるし...」とか、最初は戸惑いました。

クラッチをきってラインを放出するときに、うまくサミングをしないとバックラッシュ...

船上で何度ライントラブルを起こしたことか。

ベイトリールを初めて手にしたとき、ものすごく違和感があったのを覚えています。

 

しかし、スロージギングに挑戦するのであれば、ベイトリールは必須になります。

もちろん、ちゃんと理由があるんですけどね。

このページでは、スロージギングにベイトリールが奨励される理由をまとめています。

これからスロージギングの挑戦を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スロージギングで使用するジグは超ヘビー級

近年のスロージギングでは、200g以上のジグを使用するのが主流です。

水深100mくらいでも、250~300gのヘビージグを使っている人も多いのではないでしょうか?

できるだけ早く底どりをするのが、最近のトレンドといったところでしょう。

余分なラインを出さずに、狙ったポイントへ素早くジグを落とすのが狙いです。

海底の形状や潮の流れといった情報を、正確にキャッチするのも重いジグの方が向いています。

 

また、スロージギングではフォール中のバイトが非常に多いんですね。

ジグの重さのみでフッキングをする必要もあるので、重いジグを使った方がメリットがあるんです。

ベイトリールは重いジグをシャクるのに優れている

重いジグを扱うのであれば、ベイトリールの方が有利になります。

スロージギングは、長いロッドを積極的にシャクるわけではありません。

基本的には、ハンドルを回す際のリーリングの勢いでジグを操作します。

 

ベイトリールはスピニングリールに比べて、小型でハンドルを回しやすい構造になっているので、重いジグを操作する負担が激減します。

重いジグを扱うのが主流のスロージギングには、ベイトリールが欠かせないんですね。

ベイトリールはバーチカルなスロージギングに向いている

スロージギングでは、主に縦流しに近いバーチカルなジギングスタイルになります。

バーチカルなジギングスタイルとは、ラインと海面の角度が90度近くの状態でするジギングスタイル。

”糸を立てる”なんて表現もします。

この”糸を立てた”状態で、スピニングリールを使用したジギングをしたことはありますか?

余分な糸ふけが出て、シャクる際にロッドの反発が上手く使えなくなるんですね。

ティップの先端にラインが絡まり、ライントラブルの原因にもなります。

 

そこでベイトリールでのスロージギングが有効になるわけです。

ベイトリールでは、リーリングの力でジグを動かします。

余分な糸ふけが出づらく、きれいにジグが動いてくれるんですね。

ジグのアクションのつなぎ部分を、より自然に魅せることができるわけです。

 

ジグを開発者の意図通りに動かすことができる能力も、スロージギングでは大切なスキルのひとつ。

ぜひ、スロージギングにはベイトリールを使用してくださいね。