スロージギングリール

トリウム【インプレ】スローピッチ専用の超本格的なジギングリールの解説!

トリウム

シマノから販売されている、スローピッチ専用のジギングリール。

スロージギング専用リールとしては、シマノからはオシアジガーがリリースされています。

しかし、オシアジガーはシマノの最上位機種でもあるので、5万円ほどするコストがネックです。

トリウムは、値段を2万5000円くらいに抑えることで、スロージギング入門者でも手の届くリールに。

オシアジガーの系譜を受け継いでおり、「性能」「コスト」「ビジュアル」どれをとっても、スロージギングを始めるのに、これほど優れたベイトリールはありません。

このページでは、トリウムの詳細をさらにインプレッション。

「スロージギングに挑戦したい!」と考えているアングラーは、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

トリウム特徴とオススメの機能

エントリーモデルとは思えない、シマノの技術を凝縮させたジギングに最適な両軸リール。

軽量で剛性の高いHAGANEボディは、内部の繊細なギアを衝撃から守ってくれます。

また、防水性の高いX-プロテクト搭載のリールなので、雨の日や悪天候で潮をかぶるシーンでも安心です。

ジグングゲームでは、ボトムタッチから巻初めにバイトが集中します。

クラッチ操作にもたつくリールは、フォールでの合わせが効きません。

トリウムは、クラッチオートリターン機能が付いているので、バイトを感じて掛けに行く釣りが楽しめます。

トリウム機能まとめ

  • HAGANEボディ(超剛性、耐久性)
  • X-プロテクト(完全防水、耐久性)
  • クラッチオートリターン(フォール時のサポート機能)

リールの使い心地

まず手にした感触ですが、コスパ重視モデルと思えない程に軽いです。

ボディ剛性が高いので、激しいジグ操作を行っても高い安心感を得ながら釣りに集中できます。

巻き心地もスムーズで、余計なノイズを感じません。

じゃれつく様なバイトも、しっかり掛けに行く事ができます。

コンパクトなボディは、手に馴染みやすく長時間の釣りでも疲れる事がありません。

初めてスロージギングに挑戦する方でも、ストレスなく使用できるベイトリールなのです。

トリウムの評価と口コミ

スロージギングのエントリーモデルとして購入する方が多く、中級者~上級者の方は、ハンドルをカスタマイズしているようです。

トリウムのラインナップ

3つのサイズがラインナップされており、自分の釣りスタイルに合わせて選ぶ事ができます。

ただし、左巻きが販売されていない点は不満が残ります。

1500HGは手に馴染みやすい形状と軽さを生かして、大型の青物を狙うジグングゲームに最適。

2000HGは豊富なラインキャパを生かした、中深海のジギングを行うのに最適なリールです。

また、同じ2000番でもパワー重視の2000PGがラインナップされています。

ドラグ力を生かしたビッグゲームにおすすめです。

品番ギア比最大ドラグ力巻き上げ量PE糸巻き量(号/m)
1500HG(右)6:37.0kg97cm(ハンドル1回転)2/500, 2.5/400, 3/320
2000PG(右)4:615.0kg86cm(ハンドル1回転)3/400, 4/300, 5/220
2000HG(右)6:211.0kg116cm(ハンドル1回転)3/400, 4/300, 5/220

1500HG

近海スロージギングにオススメ。

水深100mまでのジギングならこの1台で十分に楽しめます。

2000HG

近海のスロージギングから、中深海の入り口とも呼べる200mに対応したベイトリール。

ハンドル1回転あたりの巻取り量を活かして、ジグを大きく飛ばす青物狙いのジギングにも最適です。

2000PG

水深250mまでの、本格的な中深海スロージギングに最適。

PG特有の巻きの軽さを活かして、カンパチ狙いのジギングにも活躍します。

-スロージギングリール

© 2022 ジギングマニア Powered by AFFINGER5