スロージギングリール

オシアジガーXG【インプレ】エキストラギア搭載のスロージギングSPモデル

オシアジガーxg

ギア比が非常に高く、ハイピッチなジャークを繰り返す釣りに最適なリール。

着底からの巻き上げも、レスポンス良くジグを動かすことができます。

高いギア比を生かした、ハイピッチなジャークを多用して、大型青物を狙う釣りにおすすめです。

初速スピードを与えないと、操作しにくいロングジグも巻き上げ量の多さを生かしてレスポンス良く操作出来ます。

ジギマニくん
スパンカーを立てて、根回りを攻める釣りで重宝できるぞ!

オシアジガーXGの特徴

軽くて握りやすいT型のハンドルを搭載。

XGモデルでありながら、ハイギア特有の重さを感じること無く巻き上げ可能です。

また、スプールを完全に固定するロック機能を搭載しているので、根掛かりを起こしても安心して対処。

スプール交換も、付属のレンチで簡単に行えます。

ラインブレイクを起こしても、予備スプールを持ち込めばすぐに釣りへ復帰する事が可能です。

オススメの使用場面

また、ディープエリアのジギングは、ラインの放出量に伴ってスプールの糸が減少。

スプールのラインが減った状態では、ハンドル1回転あたりの巻き上げ量も低下します。

オシアジガーXGは、ナロースプールを搭載。

スプールが細いぶん、巻き取り量が確保できます。

オススメの使用場面

  • 根回りを意識したバーチカルジギング
  • ディープエリアの中深海ジギング

実際のインプレッション

ジギマニくん
『オシアジガー2000NR-XG』で水深200mの中深海ジギングに挑戦!

深いレンジのエリアでも、ハイピッチでジャークができるので、魚にジグを見切る隙を与えません。

速度に変化を付けた、上げの誘いを得意とします。

特に、メダイや大型のクロムツの反応が良く、潮の流れやジグの動きも把握しやすかったです。

また、ハンドルが長く握り込みやすいノブのおかげで、大型魚を掛けても楽に浮かせてランディングに持ち込めます。

コンパクトサイズで握りやすいので1日釣りをしていても手が疲れません。

中深海ジギングでもハイピッチの操作ができるので、釣りの幅が広がるリールです。

スプール交換も、船上で素早く行えます。

状況に合わせたライン交換ができるのは、大きなメリットを感じました。

オシアジガーXGラインナップ

オシアジガー1500XG

  • ギア比:7:3
  • 自重:410g
  • 最大ドラグ力:6kg
  • 最大巻き上げ量:112cm
  • 糸巻き量(号-m):2-500/2.5-400/3-320

2000NR-HGと同等の巻き上げスピードを実現。小型のボディでも大型リールと同じような攻めを展開できます。

 

オシアジガーNR2000XG

  • ギア比:7:0
  • 自重:580g
  • 最大ドラグ力:10.0kg
  • 最大巻き上げ量:132cm
  • 糸巻き量(号-m):3-400/4-300/5-220

ステラSW14000XGと、ほぼ同等の巻き上げスピードを実現。水深の深いエリアでも、ジグのスピードを活かしたリアクションバイトが可能になります。

-スロージギングリール