ジギングロッド

ゲームタイプJ【インプレ】スタイリッシュな本格派ジギングロッドの解説!

ゲームタイプj

大型青物をルアーで狙うジギングゲーム。

登場してから10年以上が経過しましたが、今でも大丈夫人気ならオフショアフィッシングゲームです。

現在、大手メーカーから様々なジギング専用ロッドが販売されていますが、シマノのジギングロッドは定評と信頼があります。

コストを考えて、初心者はグラップラータイプJから始めるのもいいですが、本格的な専用ロッドと呼べるのは『ゲームタイプJ(ジギングモデル)』から。

価格としては、3万円弱しますが、ジグのジャークを快適に行えるのはもちろん、大型青物を掛けてからのファイトもスムーズに行えます。

このページでは、シマノの本格派ジギングロッド『ゲームタイプJ』のインプレ記事となっています。

スピニングタックルでのジギングを、本格的に楽しみたいアングラーの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゲームタイプJとは?

シマノから販売されているジギングロッド。

「オシアジガーコンセプトS」「オシアジガーJ」に継ぐ、中位機種のモデルになります。

ジギングゲームでは、ぶっ太いロッドでパワーゲームをするだけではありません。

近年の傾向として、細身のロッドでスリリングなゲーム展開をすること。

ゲームタイプJは、ジギングの面白さを追求した機種です。

また、グリップジョイントにすることで、持ち運びが便利な2ピース設計に。

飛行機や船の持ち運びにも対応した、どこの海域にも持っていけるのもメリットです。

ミドルスピードを基軸にスローからハイのワンピッチジャーク、スピードを可変させるコンビジャークなどに適応。ロッド全身を曲げてターゲットに正確にプレッシャーを与え続けるパワーファイトも得意とします。

(参照:シマノ公式HP

ジグを意のままに操作する

高反発ブランクスを細身に仕上げることで、ロッド全身が大きく曲がる仕様に。

ただ曲がるたけでなく、高反発ブランクスの性質により、しっかりと復元する仕様になっています。

ジグに命を吹き込むジャークという動きを、ゲーム感覚で「簡単に」「スムーズに」にすることにより、タフなジギングをよりゲーム感覚で楽しむことができます。

また、ゲームタイプJは、ジャーク時の振り抜けのよさはもちろん、パワーや軽さを含めた総合力の高いロッドに仕上がっています。

アングラーのストレスフリーを目指した、正にジギングゲームに特化したロッドです。

ゲームタイプJのスペック

大きく分けて、スピニングモデルとベイトモデルの2種類がラインナップ。

【注意】Sはスピニング、Bはベイトを指します。

例えば「S64-1」であれば、スピニングの6.4ftモデル1番手を意味します。

1ftあたり約33cmなので、6.4ftであれば192cmくらい。

ゲームタイプの「番手」「ルアーウエイト」「水深の目安」の相関関係は、下記の表を参考にしてください。

番手適合ルアー水深の目安
1番MAX150g10~60m
2番MAX160g20~70m
3番MAX180g30~90m
4番MAX210g50~100m
5番MAX250g50~120m
6番MAX300g60~140m
7番MAX350g60~160m

ゲームタイプJ(スピニング)

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S64-160-150gMAX2.5号60m5000-8000
S64-280-160gMAX2.5号70m5000-8000
S64-3100-180gMAX3.0号90m5000-8000
S510-4120-210gMAX4.0号100m8000-10000
S510-5140-250gMAX5.0号120m8000-14000

S64-1

シリーズの中で最もライトなモデルで、水深10〜60mで活躍。

2号前後のPEラインをメインに、食いの渋い魚のバイトを誘います。

ライトなモデルでも、ファイト中はロッド全身が曲がり、ラインブレイクやバラシを低減します。

S64-2

2号前後のPEラインで、水深20〜70mを想定した近海モデル。

扱いやすい6.4ftのレングスは、ワンピッチジャークはもちろん、緩急を使ったコンビネーションジャークにも対応。

掛けてからは、ロッド全身の粘りでバラシやラインブレイクのミスを抑制します。

S64-3

一番汎用性の高い6.4ftレングスで、水深30〜90mにおけるジギングに対応。

基本のワンピッチジャークから、ジグの意図的に抑えたスロージャークまで、多彩なジグアクションを演出できます。

バーチカルジギングはもろん、ドテラ流しを想定した横方向に攻めるジギングでも使用できます。

S510-4

5.1ftレングスのロングモデルで、水深50〜100mのディープレンジに対応。

ロッドの長さを活かした大きなジャークを得意とし、深い水深でもキレのあるジグアクションが可能です。

S510-5

水深50〜120mをメインとした、深場のディープジギング対応モデル。

潮の速いエリアにも対応しており、ヘビージグにキレのあるアクションを加えます。

レングスを5.1ftに設定することで、200gを超えるジグでもアングラーの負担を大幅に軽減。

曲がれば曲がるほど強大なパワーを発揮するブランクスで、大型青物とのファイトにおいて正確なランディングをサポートします。

ゲームタイプJ(ベイト)

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S60-280-160gMAX2.5号70m300-1500
S60-3100-180gMAX3.0号90m300-2000
S60-4120-210gMAX4.0号100m1000-3000
S60-5140-250gMAX5.0号120m2000-3000
S56-6160-300gMAX6.0号140m2000-4000

B60-2

シリーズの中で、最もライトなベイトモデル。

最もライトな設計ながら、大型青物もブランクスのパワーで浮かすことが可能。

MAX160gまでのジグで、水深20〜70mの近海ジギングを楽しめます。

B60-3

近海オフショアジギングのベーシックモデル。

水深30〜80mに対応し、MAX180gまでのジグを軽快に操作できます。

ロッド全体がスムーズに曲がるので、キレのあるワンピッチジャークを演出することが可能です。

B60-4

10kgクラスの大型青物に対応。

水深40〜100mを得意レンジとし、210gまでのメタルジグに対応。軽快にジャークします。

ロッドに「反発力・復元力」があるので、水深の深いディープエリアでも、大きなワンピッチジャークが可能です。

B60-5

大型青物を獲るためのパワージギングロッド。

水深50〜120mのエリアを、MAX250gまでのジグで攻めることが可能です。

ロッドに優れた「反発力・復元力」があるので、深いレンジのジギングでも疲れにくいのが特徴です。

B56-6

水深140mまでをターゲットにした、ヘビージギング対応モデル。

主に、ディープゾーンに潜む大型カンパチを獲るために扱うジグもMAX300gの規格外ロッドです。

-ジギングロッド

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5