アユイング

NEWゲーム到来【アユイング】ルアーで狙うキャスティング鮎の始め方

アユイング

日本古来の淡水魚『アユ(鮎)』

その端正な姿から想像できる通り、料亭や一流ホテルなどで重宝される絶品の魚です。

また、昔から釣り人にも人気で、アユを泳がせてアユを釣る『アユの友釣り』は、コアな釣りファンを唸らせる伝統釣法。

しかしながら、本格的なロッドを買おうとすると、20〜30万円はする敷居の高い釣りでした。

そんな常識を覆すのが、アユのキャスティングゲーム。

ライトソルトロッドやエリアトラウトロッドを代用して、軽量ルアーをキャスティングして釣っていく方法です。

従来のアユ釣りでは考えられないほど、低コストでアユを釣ることができます。

まだまだ未開の釣りジャンルで、専用の道具が出回っていないのも事実ですが、アユ釣りのハードルはガクッと下がりました。

このページでは、アユのキャスティングゲーム(アユイング)を紹介しています。

これから挑戦しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アユイングとは?

アユは底石に生えた苔を食べています。

良質な苔を独占したいアユは、非常に強い縄張り意識を持つようになり、近づいてきたアユを攻撃。

その習性を利用して、ルアーを侵入させ、近づいてきたアユを掛けていくのがアユイングです。

直接ルアーを食いに来るわけではなく、このようなチラシ針をセットして掛けていきます。

【ジギングマニア】アユ釣りは、基本的に漁協券が必要な釣りなので、あらかじめ購入しておきましょう。

アユイングの誘い方

アユイングでは、川の上流側からルアーを入れていくのがセオリー。

普段のルアーフィッシングとは異なり、速巻きはをする必要はありません。

超デッドスローなリーリングや、ミノーを沈めてドリフトさせるこが基本動作。

ルアーを川の流れに馴染ませるのが、スタンダードな誘いになります。

時には、アユの付きそうな岩の裏にスタックさせて、鮎がコケを食む動きを出すのも有効です。

アユイングの注意点

アユイングでは、根掛かり必須の釣りになります。

根掛かりをしたら、ムリに外そうとはせず、ラインを緩めて川の流れで外しましょう。

【注意】強い流れの中で直接ハズすのは危険です。専用の根掛かりハズしなどで外しましょう。

また、アユイングでは早アワセは厳禁。

アタリがあったもすぐに合わせず、竿先がしっかり絞りこまれたら軽く合わせるだけでOKです。

アユの掛かり所を確認しながら、ゆっくりと引き寄せランディングしましょう。

アユイングで使用するロッド

アユは警戒心の強い魚なので、8〜9ft前後の長めのロッドがおすすめ。

現在のところ、アユゲーム専用のキャスティングロッドはダイワやPALMS(パームス)から販売されています。

【メモ】コンパクトなメバリングロッドや、強めのエリアトラウトロッドでも代用できます。

正確なキャスティング力が要求されるので、自分自身の使いやすいロッドを使用するのがベストでしょう。

【おすすめのアユイング専用ロッドはこちら(リンク)】

【おすすめのエリアトラウト専用ロッドはこちら(リンク)】

アユイングで使用するリール

1500〜2000番くらいの、小型スピニングリールを使用しましょう。

巻きで誘う釣りではありませんので、ハイギアのリールを使うメリットはありません。

巻き上げパワーに優れた、ノーマルギアがパワーギアがおすすめです。

【おすすめのエリアトラウトリールはこちら(リンク)】

アユイングで使用するルアー

アユに見立てた専用ルアーを使用しましょう。

現在、キャスティング鮎ゲームを開拓しているのが、『ダイワ』と『Palms』というメーカーです。

特におすすめなのが、Palmsから販売されている『エスケード』というシリーズ。

水噛みが良く、引き抵抗を低減するリップが搭載。

浅瀬の中でも立ち回りよく泳ぐ、フローティングミノーです。

-アユイング

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5