アユイング

REAYU(リアユ)【インプレ】人気のアユイング専用ルアーを徹底解説!

リアユ

日本古来から人気のゲームフィッシング『アユの友釣り』。

縄張り意識の強いアユの習性を活かし、囮となるアユを泳がせて攻撃してくるアユを掛けていく釣法です。

しかしながら、アユの友釣りでは1本20〜30万円もする専用ロッドを使用します。

あまりに高い釣り用品のため、参入障壁が高いのがネックでした。

 

そこで、最近ではアユを専用のルアーで狙う『アユイング(キャスティング鮎ゲーム)』がひそかにブーム。

8〜9ftくらいのライトロッドに、小型スピニングリールを装着して手軽にアユを狙うことができます。

『REAYU』は、リアルなアユをコンセプトに製作された、アユイング専用ルアー。

まだまだ発展途上のアユイングですが、シリコン製で作られた本格的なバイブレーションルアーです。

 

このページは、REAYUのインプレ記事となっています。

これからアユイングに挑戦する方は、ぜひ参考にしてみてください。

REAYUとは

『株式会社カツイチ』から販売されている、バイブレーション型のアユイング専用ルアーです。

ボディの内部にシンカーが内蔵されているので、中層〜ボトム付近を狙うのに最適。

REAYUを使用するときは、ラインに一定のテンションをかけ、流れに馴染ませるのがセオリーとなります。

REAYUの特徴

柔軟性と耐久性に優れたシリコンを使用し、ちぎれにくい素材になっています。

プラスチック素材ではないので、底付近の石に当たってもプレッシャーを与えにくいのがメリット。

友釣りのハナカン仕掛けにも対応し、万が一オトリ鮎が使えなくなっても安心のアイテムです。

 

リアユは浮力がないので、石の裏では舐めるようにバックスライド。

この動きが苔を食べる姿を演出し、縄張り意識の強いアユを刺激します。

リアユを使用するときは、自分がどこの岩を攻めているのか意識しましょう。

REAYUのラインナップ

大きく分けると、105S(約15g)125S(約20g)の2種類のサイズでカテゴライズ。

さらに、それぞれ3色ずつ分かれており、計6種類がラインナップされています。

エントリーする川の「アユのサイズ」「水量」「水質」などを見極めて、状況にマッチするルアーを選びましょう。

ベイビーリアユ(105 S)

小型のシンキング型バイブレーション設計。

水深30cm以下の浅瀬や、上流部ポイントの水量の少ないエリアに効果的です。

「シルバー鮎」「イエロー鮎」「プレミアム鮎」の3色が準備されています。

リアユ(125 S)

約20gのシンキング型バイブレーション。

淡水ルアーとしては、かなり重めの設計です。

水深1mを超える深場や、流れの速いポイントに有効。

「シルバー鮎」「イエロー鮎」「プレミアム鮎」の3色がラインナップされています。

-アユイング

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5