アユイング

エスケード【インプレ】アユイング専用ミノーを徹底解説!

エスケード

夏の風物詩である鮎は、全国各地の中流河川域で釣れる大人気の淡水魚。

その美しさと食味で、多くの釣り人を魅了します。

アユを釣るには、囮(おとり)のアユを泳がせる「友釣り」が一般的。

古くからあるこの釣法は、釣りジャンルの中でもかなりマニアックな部類です。

しかし、友釣りの本格的なロッドは、1本あたり20〜30万円もする超高級品。

アユを釣りたくても、参入ハードルが非常に高いのがネックでした。

そこで大手釣りメーカー『Palms』は、新メソッド『アユイング』を提唱。

専用のフローティングミノーで、アユの縄張り意識を刺激し、近づいてきたアユをチラシ針で掛けていきます。

キャスティングロッドと専用ミノーを使って、敷居の高かったアユ釣りのコストが激減しました。

しかし、アユイングではチラシ針を使用するため、根掛かりの確率を上げてしまうのが弱点。

Palmsから販売されている『エスケード』は、水深20cm以下の浅場も攻められる、アユイング専用の本格派フローティングミノーです。

このページでは、アユイング専用のフローティングミノー『エスケード』をインプレ。

アユイングの弱点でもある根掛かりを、極限まで回避していきます。

アユイングは歴史浅い釣りですので、これから挑戦する人はぜひ参考にしてみてください。

アユイング専用ルアーについて

アユイング専用ルアーには、『バイブレーション』と『ミノー』の2種類のタイプがあります。

バイブレーションは、水深の深いエリアでの使用を。

ミノータイプは、水深の浅いエリアでの使用に適しています。

エスケードは後者のミノータイプ。

障害物を回避する動きが、アユの苔を食べる仕草をリアルに再現。

食に関してナワバリ意識の強い性質を利用し、攻撃してくるアユをチラシ針で掛けていきます。

エスケードとは

大手釣り具メーカー『Palms』から販売されている、アユイング専用のフローティングミノーです。

アユイングはまだまだ認知度が低く、アユイング専用ミノーは、ほとんど出回っていないのが事実。

エスケードは、そんなコアなアユイングファン待望の専用ルアーなのです。

エスケードの特徴

多くのアユは、水深20cm以下のスーパーシャローエリアに生息しています。

エスケードは、そんなシャローエリアでもしっかりと水流をキャッチ。

流れの速いポイントでも、正確なアクションを演出し、苔を食べるアユを演出します。

“ESCADE”は伝統的な友釣り用疑似餌ではありません。目指したのはルアータックルでできる鮎釣りです。基板リップは水の流れを確実に掴み、石に当たると反転して鮎が苔を食んでいる様子を再現します。まだ途上ですが友釣りをリスペクトしつつさらに深化させる、新しいルアーフィッシングの始まりを予感させます。

(参照:PALMS公式HP

エスケードのラインナップ

エスケードには、80mm(8cm)と100mm(10cm)サイズの2種類がラインナップ。

その河川のアユのサイズによって、使い分けるのが鉄則です。

品名サイズウエイトタイプフックサイズ本体価格
EC-80MDF80mm7.5gFloatingチラシ針Mサイズ¥1,300
EC-100MDF100mm13gFloatingチラシ針Mサイズ¥1,400

EC-80MDF

小型のアユがメインになる、初夏のアユイングにおすすめ。

EC-100MDF

ターゲットは、25cmを超える大型のアユ。

9月以降の大型鮎を狙うなら、このモデルをメインに使用しましょう。

-アユイング

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5