タチウオジギングロッド

アンチョビドライバーEXTRO【インプレ】コスパ抜群のハイエンドモデルを徹底レビュー!

アンチョビドライバーextro

レビューする製品

【ジャッカル】アンチョビドライバーエクストロ(太刀魚ジギングロッド)

タチウオジギングに求められる、剛性と感度を兼ね備えたシリーズ。

チューブラーロッドでありながら、ソリッドロッドの様にしなやかなカーブを描きます。

ロッド反発力を生かして、ワンピッチジャーク、ロングジャークでの誘いがオススメ。

フォールで食わせる釣りを展開することもできます。

感度性の高いロッドで、ジグの動きを的確に感じる事ができ、6~7fのレングスがラインナップされています。

アンチョビドライバーEXTROの特徴

ブランクスはジギングロッドを思えない程、細く仕上げられており、高弾性カーボン特有のハリを持っています。

このブランクスは、EXTRO-Tブランクスと呼ばれており、薄手のカーボンレグが巻きつけてあります。

細くてシャープなティップからは想像できない、レスポンスの良いジグ操作が可能です。

アンチョビドライバーextro

グリップはコンパクトな形状になっており、手に馴染みやすいEVA素材。

アンチョビドライバーextro

持ち運びに便利な、手元で着脱式の2ピース仕様になっています。

アンチョビドライバーextro

実際のインプレッション

\ 今回はこちらを使用!/

 

ジギマニくん
シリーズの中で、最もオールマイティな「ADXT-C66L」を使用してたぞ!

 

目感度に優れており、ティップでアタリを見ながら掛けに行く釣りが可能。

感度性も高く、掛けに行くスリリングなゲームが楽しめました。

太刀魚ジギング

また、どんなジャークで誘いを掛けても、ロッドがパワーを吸収するのでトリッキーなアクションを抑える事ができます。

ブランクスが細く、パワー不足に見えますが、全くそんな事はありません。

そのため捕食が下手なタチウオに食わせの間を作りながら、確実に1匹を仕留める釣りが展開できました。

太刀魚ジギング

エクストロのラインナップ

どのモデルも極細ブランクでありながら、信じられない程のパワーを搭載。

適合ジグの範囲を確認し、釣りをするエリアに合わせたモデルを選んでください。

ADXT-C66L

  • 長さ:6.6ft
  • 継数:2本
  • パワー:Light
  • 適合ジグ:MAX160g
  • PEライン:MAX1.5号

太刀魚ジギングのスタンダードモデル。高弾性カーボン素材をブランク中枢に搭載し、適度なハリで120g前後のジグを軽快に操作します。

ADXT-C70ML

  • 長さ:7.0ft
  • 継数:2本
  • パワー:Medium Light
  • 適合ジグ:MAX200g
  • PEライン:MAX1.5号

7.0ftのストロークを活かしたロングフォールの釣りに最適。通常のしゃくり上げる誘いと違い、落とし込む際の小さなバイトを伝えフッキングに持ち込みます。

アンチョビドライバーEXTROまとめ

ジグが横に倒れない誘いを意識すれば、リーダーがジグに沿う事がありません。

タチウオジギング特有のリーダーごとバイトされて発生するラインブレイクを防ぐ事ができるのです。

また、アタリがあると力強い合わせを入れてパワーを生かしたフッキングをして下さい。

ロッドに柔軟性があるので口切れを起こす事がありません。

-タチウオジギングロッド