ライトルアー

20ヴァンフォードC2000S【インプレ】ライトゲームの王道スピニングリールを徹底解説!

ヴァンフォードc2000s

このページては、『20ヴァンフォードC2000S』をインプレッション!

ミドルクラスの製品ながら、作りも性能もハイエンド機に迫る完成度が人気の、シマノを代表するスピニングリールです。

 

その中でも2000番は、エリアトラウトはもちろん、バスやライトソルトにも幅広く使える汎用性の高いリールとなっています。

 

炭素系樹脂のCI4+を使用した圧倒的に軽量なボディーに、なめらかな巻き感のマイクロモジュールギア2を搭載。

さらに、操作性と感度を高めたマグナムライトローターを装備し、ハイエンド並みの巻き心地の良さを実現したリールです。

ヴァンフォードC2000Sのスペック

品番ヴァンフォードC2000S
ギア比5:1
最大ドラグ力3kg
自重150g
最大巻糸量69cm
ナイロン(lb)3-125m, 4-100m
PEライン(号)0.6-150m, 0.8-110m
ジギマニくん
特筆すべきは、その軽さ!

下位機種の『アルテグラC2000S』と比べると、35gほど軽く作られており、キャスティングの際の操作性が飛躍的に向上。

疲労感の軽減にもつながっています。

たかが35gといえど、手にした際の感覚は段違いです。

ヴァンキッシュC2000Sとの比較

上位機種のヴァンキッシュと比べると、耐久性や剛性ではやや劣ります。

ヴァンキッシュのボディがHAGANE素材なのに対し、ヴァンフォードはCI4+を使用。

CI4+は特別な樹脂素材を素材としていて、非常に軽いのが特徴ですが、HAGANE素材と比べると耐久性は劣ります。

ジギマニくん
エリアトラウト やアジングでの使用なら、CI4+で十分な耐久性が保証されています!

ヴァンフォードC2000Sの使い方

最もポピュラーなのが、エリアトラウトとアジングでの使用になります。

2000番台は小型でありながら、パワーもある程度保証されているオールラウンダーサイズです。

エリアトラウトでの使用

均一でなめらかな巻き心地を生かして、スプーンやクランクベイトをゆっくりただ巻きが相性抜群。

巻き出し時の軽さがあるので、ルアーが着水する瞬間からリトリーブを始められるメリットがあります。

軽量なロッドと組み合わせると手返しがよく、疲れづらいタックルに仕上がります。

アジングでの使用

ソアレSSや鯵道5Gと言った、中位機種アジングロッドとの組み合わせがオススメ。

豆アジの擦るようなバイトや、フォール時の違和感にも反応。

ドラグもなめらかな滑り感があり、潮の速いポイントでのファイトにも安心感があります。

ヴァンフォードC2000Sの口コミ

ヴァンフォードC2000Sまとめ

とにかく軽量なリールで、一度使うと手放せなくなる製品です。

ローターやスプールなどの性能も高く、ライントラブルもほとんどありません。

ハンドルもちょうどいいグリップサイズで、巻き疲れを感じにくいと思います。

軽さや機能、精度のバランスが取れた、満足度の高いリール間違いなしです!

-ライトルアー