オフショアキャスティング

【キハダマグロ対応】おすすめのキャスティングロッド5選

キハダマグロキャスティングロッド

オフショアビッグゲームの好敵手『キハダマグロ』。

石垣島や久米島などの沖縄から、和歌山沖や相模湾を中心に、本州の近海でも40〜50kgのモンスターが狙える大人気のターゲットです。

釣り方は、キャスティングがメイン。

キハダマグロのキャスティングゲームは、ルアーが正確にキャストできれば、初心者でも超大型のモンスターとファイトできる可能性があります。

キハダキャスティングのポイントは、1日中振り続けても疲れない軽さと、キハダのパワーに耐えられる強靭なバッドを持ったロッドです。

このページでは、キハダマグロに最適なキャスティングロッド選び方と、おすすめキハダキャスティングロッドを紹介しています。

- キャスティングでキハダマグロに挑戦したい!
- キハダ狙いのキャスティングロッドはどんなもの?

という方は参考にしてみてください。

キハダマグロ対応ロッド|長さの選び方

キハダキャスティングで使用するロッドは、7ft〜8ftが一般的な長さになります。

長ければ長いほど、ルアーの飛距離は伸びます。

しかし、船の先端などのオーバーキャストができる場所でないと、キャスティングが難しい可能性があります。

7ft前後のロッドであればアンダーキャストもでき、ルアーのコントロールや扱いやすいので、初心者にはおすすめです。

必要に応じてルアーを重くすれば、飛距離不足で困る事もありません。

キハダマグロ対応|ロッドパワーの選び方

ロッドパワーは、MHやXHなどで表記されます。

【注意】ロッドのメーカーによって、ロッドパワーの表記や対応ルアーウエイト、対象魚の重量に違いがあります。

硬い
XH(エキストラヘビー)
H(ヘビー)
MH(ミディアムヘビー)
M(ミディアム)
柔らかい

キハダマグロ狙いのキャスティングでは、60〜120g程度のルアーを使用します。

ロッドの硬さは好みによりますが、硬いほどポンピングする際にキハダを浮かせやすくなります。

逆に、柔らかいほどフッキングしやすくなっています。

キハダマグロのサイズや活性に合わせて、ロッドを使い分けることが大切です。

おすすめのキハダキャスティングロッド

オシアプラッガーフルスロットルS80M

飛距離と操作性を両立したスタンダードな8′0″モデル。

ペンシルベイトのダイブ&スイムアクションで広範囲に探ったり、トゥイッチ&ショートダイブの短い移動距離でピンポイントを狙い撃ったりと、このロッド1本で様々な誘いに適応しています。

また、5000~14000番のスピニングリールに適合しており、大型のヒラマサやブリはもちろん、キハダマグロなら30kgクラスにまで対応。

PE2号のスリリングなファイトから、PE5号を超えるビッグゲームまで、あらゆるジャンルのキャスティングゲームで使用可能です。

グラップラータイプC S80M-3

キハダマグロ対応した、8ftレングスのキャスティングロッド。

ロッドの『張り』『粘り』『パワー』十分で、大型キハダマグロも余裕で浮かせることができます。

全体のバランスも良く、3ピースとは思えない使用感です。

キャスト性能も十分に高く、突如現れる遠方のナブラ撃ちにも対応。

手前での突っ込みも、しっかり曲がって対応してくれます。

価格3万円代で買えるコスパに優れたキャスティングロッドなので、初めてのキハダマグロならグラップラータイプCでエントリーを。

持ち運びに便利な3ピースなので、飛行機での移動はもちろん、車での釣行でも車種を問いません。

ソルティガC81-5

190mm程度のプラグ、PE5号をメインとした大型ヒラマサやキハダに最適な1本。

軽さと柔軟なティップを備えたクセの無いブランクは、体力に自信のないアングラーや女性アングラーが使用しても疲れ知らずの高バランスを実現。

オーバーだけでなくアンダーキャストもこなせるので、混雑した乗り合い船でも活躍できるモデルです。

遠投性に優れたキハダキャスティングロッド

オシアプラッガーフルスロットルS83H

大型ヒラマサをはじめ、60kgまでの大型キハダマグロやPE6号前後のGTゲームなど、ビッグゲームを想定したパワーロッド。

軽量・高強度のブランクスは、100g前後のプラグを軽快に遠投できるキャスト性能を備えています。

30kg程度のキハダなら、余裕で浮かすことのできる強靭なブランクも魅力です。

リールは8000~18000番がベストマッチ。

ソルティガC83-6

PE6号ラインで、180~200mmクラスのプラグをメインとしたオフショアキャスティングロッド。

巨大ヒラマサや大型キハダマグロを想定したフルパワーモデルです。

ロッドパワーに反比例した軽量なブランクは、揺れる船上での安定したキャストとプラグの操作性を飛躍的にアップ。

ファイトからランディングまで、すべてのプロセスで高次元なサポートする、基本に忠実なキャスティングロッドです。

ジャイアントキリング GKC-84Tuna

ダイビングペンシルで、キハダマグロを狙うならこのロッド。

キャストの精度を上げるべく、ベリーからティップ部のフレキシブルなブランク設計は、バラしの軽減やフッキング率の向上を考慮。

ロングキャストを追究したレギュラーテーパーは、80g前後のダイペンを十分にブランクに乗せて気持ち良くフルキャスト出来る仕上がりです。

コスパに優れたメジャークラフトのシリーズで、2万円代で買えるキャスティングロッドです。

キハダキャスティングのエントリーモデルとしては十分すぎるスペックを有しています。

アンダーキャストにおすすめのキハダロッド

キャタリナc74MS

混雑した乗り合い船でのアンダーキャストや、不意に発生するナブラに一早く打ち込むためのショートロッド。

70gまでのダイビングペンシルや、沈下系シンキングペンシルまで、様々なルアーを使用することのできるオールラウンダーです。

30kgクラスのマグロまでなら、余裕を持って浮かせることができます。

< h3>ジャイアントキリング GKC-710Tuna/L

ツナロッドと聞けば「ガチガチ」の硬いロッドを思い浮かべるアングラーも多いでしょう。

このモデルは繊細なツナロッドで、従来のツナロッドモデルよりも、ややライトなタックル設計。

ロッドが全体的に柔らかく、バイトがあっても乗らない日に活躍できます。

まずは喰わす事が大事なツナゲームは、一瞬のチャンスをモノに出来るかどうかが勝負の分れ目。

喰わす為の繊細なキャスティングロッドは、渋い日のツナゲームにおいて、重宝すべき1本になるはずです。

キャスティングロッドをメーカーから選ぶ

キハダマグロに対応したキャスティングロッドは、様々なメーカーから販売されています。

それぞれのメーカから『キハダマグロ対応』と表記されているはずなので、その中からお好きなのを選んでみてください。

品質と信頼を選ぶならシマノやダイワを。

比較的安めのキャスティングロッドを選ぶなら、メジャークラフトから探してみてください。

ビッグゲームにおすすめのスピニングリール

-オフショアキャスティング

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5