キャスティング

【キハダマグロ対応】キャスティングロッドの選び方とオススメ8選!

キハダマグロキャスティングロッド

キハダ対応本格派モデル3選

オフショアビッグゲームの最高峰「キハダ」キャスティングゲーム。

石垣島や久米島などの沖縄から、和歌山沖や相模湾を中心に、本州の近海でも40~50kgのモンスターが狙える大人気のターゲットです。

キハダマグロのキャスティングゲームは、ルアーが正確にキャストできれば、初心者でも超大型のモンスターとファイトできる可能性があります。

ロッド選びのポイントは、1日中振り続けても疲れない軽さと、キハダのパワーに耐えられる強靭なバッドを持ったロッドです。

  • キハダマグロに挑戦したい!
  • キハダ専用ロッドの選び方って?
ジギマニくん
上記のようなアングラーは、ぜひ参考にしてくれ!
ジギングマニア運営者
この記事の著者運営者情報

続きを見る

キハダ用キャスティングロッドの長さ

キハダキャスティングで使用するロッドは、7ft〜8ftが一般的な長さになります。

長ければ長いほど、ルアーの飛距離は伸びます。

しかし、船の先端などのオーバーキャストができる場所でないと、キャスティングが難しい可能性があります。

ジギマニくん
7ft前後のロッドであればアンダーキャストも可能!

ルアーのコントロールや扱いやすいので、初心者にはおすすめです。

必要に応じてルアーを重くすれば、飛距離不足で困る事もありません。

キハダ用キャスティングロッドのパワー

ロッドパワーは、MHやXHなどで表記されます。

硬い
XH(エキストラヘビー)
H(ヘビー)
MH(ミディアムヘビー)
M(ミディアム)
柔らかい

キハダマグロ狙いのキャスティングでは、60〜120g程度のルアーを使用。

ロッドの硬さは好みによりますが、硬いほどポンピングする際にキハダを浮かせやすい構造に。

逆に、柔らかいほどフッキングしやすくなっています。

キハダのサイズや活性に合わせて、ロッドを使い分けることが大切です。

ロッドパワーの表記や対応ルアーウエイトは、製造メーカーによって多少の違いがあります。

キハダ狙いにオススメの人気モデル

価格は3万円~6万円程度の人気製品をラインナップ。

コストや性能を比較しながら、最適な1本を見つけ出してくださいい。

フルスロットルS83H

シマノから販売されている『オシアプラッガーフルスロットル』の最強クラスのキャスティングロッド。

ターゲットはもちろんキハダマグロで、100g前後のプラグを軽快にキャスティングします。

\ 適応リール8000~18000番 /

ヒット後は大型のキハダマグロを強引に引き寄せます。

ソルティガC83-6

パワーの割に持ち重りしなブランクは、不安定な船上でのキャスティングに最適。

オーバーだけでなくアンダーキャストもこなせるので、混雑した乗り合い船でも活躍できるモデルです。

180~200mm程度のプラグ、PE6号をメインとした大型ヒラマサやキハダに最適な1本。

キハダ専用の最強キャスティングロッド

ジギマニくん
とにかくスペック重視!

キハダ専用モデルのハイエンドモデルを集めました。

「値段を度外視して、キハダロッドの最高峰モデルを知りたい!」という方は参考にしてみてください。

MONSTER DRIVE S83XH-3

120~200gのプラグに対応。

モンスターサイズのGT・ツナゲームのために開発されたアイテムです。

\ 適応リール12000~18000番 /

50kgクラスのキハダマグロ、30kgクラスのGTを相手にするならこのモデルです。

リミテッドS83H

シマノから販売されているハイエンドモデル『オシアプラッガーリミテッド』の最強スペック。

大型ヒラマサや、60kgオーバーの本マグロを浮かせることも可能です。

\ 適応リール10000~20000番 /

「遠投性」「操作性」「パワー」のバランスに優れた総合力が魅力。

コスパ重視!キハダ初心者にオススメ!

まずは喰わす事が大事なツナゲームは、一瞬のチャンスをモノに出来るかどうかが勝負の分れ目。

値段が安くても、高品質なロッドは「メジャークラフト」でそろえられます。

年に1度のツナゲームなら、こちらから選んでください。

CRXC-80Tuna

なんと、1万円台で購入できるツナロッドです。

ツナロッドと聞けば「ガチガチ」の硬いロッドを思い浮かべるアングラーも多いでしょう。

このモデルは繊細なツナロッドで、従来のツナロッドモデルよりも、ややライトなタックル設計。

ロッドが全体的に柔らかく、バイトがあっても乗らない日に活躍できます。

喰わす為の繊細なキャスティングロッドは、渋い日のツナゲームにおいて、重宝すべき1本になるはずです。

GXC-86Tuna

ダイビングペンシルで、キハダマグロを狙うならこのロッド。

コスパに優れたメジャークラフトのシリーズで、2万円代で購入できるキャスティングロッドです。

キャストの精度を上げるべく、ベリーからティップ部のフレキシブルなブランク設計に。

バラしの軽減やフッキング率の向上を考慮し、エントリーモデルとしては十分すぎるスペックを有しています。

ロングキャストを追究したレギュラーテーパーは、80g前後のダイペンを十分にブランクに乗せて気持ち良くフルキャスト出来る仕上がりです。

持ち運びに便利なAPモデル

携帯性に優れた3ピースモデルを紹介。

飛行機での移動はもちろん、車での釣行でも車種を問いません。

グラップラータイプC S82MH-3

3万円代で買えるコスパに優れたモデル。

ロッドの「張り」「粘り」「パワー」のバランスが秀逸で、突如現れる遠方のナブラ撃ちにも対応。

手前での突っ込みも、しっかり曲がって対応してくれます。

初めてのキハダマグロにも最適です。適応リールは8000~18000番が最適です。

キャタリナAP C83XHS

携帯性に優れた2ピースでありながら、キハダキャスティングにも対応しています。

ポッパーからダイイングペンシルまで対応するオールラウンダーモデルです。

30kgクラスのマグロまでなら、余裕を持って浮かせることができます。

製造メーカーから選ぶ

キハダマグロに対応したキャスティングロッドは、様々なメーカーから販売されています。

それぞれのメーカから『キハダマグロ対応』と表記されているはずなので、その中からお好きなのを選んでみてください。

品質と信頼を選ぶならシマノやダイワを。

比較的安めのキャスティングロッドを選ぶなら、メジャークラフトから探してみてください。

-キャスティング