スロージギングロッド

スロージギングロッドを購入する前に気を付けるべきこと!

おすすめのスロージギングロッド教えてよ

私にはよくこんな質問が届きます。

シンプルな質問なんですが、非常に答えるのが難しい質問でもあります。

なぜなら、何を根拠に紹介すればいいのかわからないんですよね。

  • とても釣れるから?
  • 安いから?
  • 使い心地がいいから?

アングラーによって、ロッドに対する考えって様々なわけです。

しかも、

  • 実際に購入してみると、なんかメーカーの宣伝していた内容と違う・・・
  • 私の感覚に合わない・・・

こんなこともザラですよね。

購入して一度でも使っていしまうと、返品できません。

あたりまえですが^^;

 

やはりロッドを購入する際には、自分の考えと意思で最終的に決めてもらいたいもの。

スロージギングロッドを選ぶには、各メーカーのロッドのコンセプト(特徴)を理解することが大事になります。

各メーカーごとにスロージギングロッドにはクセがあるからです。

というわけで、この記事でスロージギングの選び方のコツをまとめました。

スロージギング初心者の方でも超簡単にロッドを選べるようになりますよ^^

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

シマノのスロージギングロッド

シマノのスロージギングロッドには、2種類のモデルが存在します。

ゲームタイプスローJオシアインフィニティです。

オシアジガーインフィニティ【インプレ】シマノでスロージギングをするならこのロッドが秀逸!

この2種類のスロージギングロッドは、ベリーから深く曲がるスローテーパーモデルになっています。

ヘビーなジグを用いて、ロッドをより手元に近い部分から曲げることに特化したロッドです。

スローテーパーモデルにすることで、ジグの可動域を広くとることができるんですね。

なので、ゆっくりした誘いのスロージギングを得意とします。

ジグを大きくゆっくり動かすことによって、魚に強烈にアピールしながらジグのフォールの間も長めに取ることが可能になります。

また、魚の引きをロッドのバットに近い部分から曲げてファイトするのが好きな人にもおすすめですよ。

ダイワのスロージギングロッド

ダイワのスロージギングロッドとして販売されているのは、ソルティガSJ(スロージャークモデル)の1択。

全体的に、ティップ部分から曲がるファストテーパー気味のロッドとなっています。

一応、キャタリナ(ベイジギングモデル)やブラスト(ベイジギング)といったベイトロッドも販売されていす。

スロージギング対応とは書いてありますが、比較的軽いジグを軽快にシャクれるハイピッチジギングに向いたものとなっていますね。

ベイトロッドでガンガンシャクって青物を釣りたいという人におすすめ。

 

ソルティガSJを使用するならば、ジグをスライドさせたり、早いテンポで誘うスロージギングが主体になります。

魚を掛けた後は、ラインとロッドを一直線にしたストレートリトリーブで対応してください。

魚の引きをリールでダイレクトに感じたい人におすすめのロッドです。

ディープライナーのスロージギングロッド

ディープライナーといえば、知る人ぞ知るロジカルがあまりにも有名。

ヘビージグを用いたガチスロージギングを楽しみたい人におすすめ。

ディープライナーは、ロッドの細部にまでこだわりを持って設計されています。

ロジカルでスロージギングをして、不満を持つ人はいないでしょう。

 

また、その辺のスロージギングロッドでは背負えないような、500g以上のヘビージグまで使用可能のモデルも販売しています。

近海~中深海スロージギングまで対応しているので、スロージギングをとことん極めたいエキスパート向けのロッドです。