ジギングロッド

【ジギング初心者】ぜひ覚えてほしいジギングロッドの基礎知識

ジギングロッド基礎知識

オフショアフィッシングの代表格と言えば、ヒラマサやカンパチ狙いの青物ジギング。

ジギングは遠征から近海まで確立されている釣であり、誰にでも大物に出会うチャンスがあります。

大型の遊泳力のある魚が鉛製のジグに魅せられ、時には狂うように反応します。

本来は単なる冷たい鉛であるジグに、逃げ惑う小魚のような命を吹き込むためには、必ず専用のロッドが必要になります。

このページでは、ジギングロッドの特徴やマメ知識について解説しています。

ジギングロッドの選び方がわからない

ジギングロッドは他のロッドと何が違うの?

なんて疑問を持っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ジギングロッドの長さ

ジギングロッドの長さは「5.6ft~6.5ft」が目安です。

ジギングロッドの長さは「自分自身のパワー」と「ジグをどう動かしたいのか」の2点で決めること。

大型青物を狙ったハイピッチジギングでは、150g~250gくらいのジグを海底からしゃくりあげてきます。

ロッドが長いほど「しゃくった時にジグが大きく動く」と覚えてください。

しかし、ロッドが長ければ長いほど、ジグを動かすのに大きな力が必要になります。

水深も深ければ深いほど、ジグに水圧もかかります。

自分の力にあったロッドの長さを選ぶのは大切なことです。

ひとり「ジグを大きく飛ばしたいのであれば長めのロッドを使用しよう!」

ファストテーパーとスローテーパー

ジギングロッドには大きく分けると、ファストテーパーと呼ばれるロッドとスローテーパーと呼ばれるものがあります。

テーパーとは竿調子のことで、そのロッドがどの部分からしなるかを表しています。

ファストテーパー

ファストテーパーはベリーからバットの部分まで硬く、ティップが柔らかい先調子のロッドのことを表します。

ロッドの可動域が狭い分、大きく竿を動かしてジグをしゃくるというよりも、ジグの細かいアクションを出すことに優れています。

じゃがじゃが巻きのようなクイックジャークで、機敏なジグの動きを可能にしてくれます。

スローテーパー

スローテーパーはバットの部分が硬く、ティップからベリーまでがソフトな胴調子のロッドに仕上がっています。

ロッドの可動域が広い分、スローテンポでジグを大きく飛ばしたい時に使用します。

ロッドとジグのバランスが大事

どちらのジギングロッドが優れているかではなありません。

使用するジグが「どのような動きで魚にアピールをしてくれるか」を理解し、ロッドの種類を使い分けることが釣果アップの秘訣になります。

ジグの適合ウエイトとロッドの関係性

ロッドには、ジグの適合ウエイトが存在します。

例えば「Weight80~160g」「MAX200g」などと、ロッドに表記されています。

もちろんこの規定に従って釣りをすれば間違いないのですが、「ジグの適合ウエイトとロッドの関係性」を理解していればさらに深みのある釣りができます。

それは、表記されているジグの適合ウエイトを無視することです。

これらの表記は目安であり、絶対的な数値ではありません。

例1:ファストテーパーモデルの「Weight80~160g」と表記されているロッドで、60gのジグを使用してみる。よりティップ側の部分でロッドが曲がり、小刻みで鋭いアクションが可能になる。

例2:スローテーパーモデルで「MAX200g」と表記されているロッドに、220gのジグを付けてみる。よりバッドの深い部分からロッドが曲がり、スローで大きなスライドアクションが可能になる。

上記のように、ジグの適合ウエイトを無視することでオリジナルのアクションが出せるんですね。

ただし、「MAX200g」の表記に対して「300g」のように、過剰なオーバースペックは禁止です。

ロッドの破損につながります。

適合ウエイトの上限値に対して「+20~30g」くらいが最大値です。

ジギングロッドとジグの組み合わせが大事

  • 大きなスライドが魅力のセンターバランスジグ
  • お尻を振るだけのテールバランスジグ

といったように、ジグには1つ1つに動きの特徴があります。

ジギングロッドの長さ

「ファストテーパー」or「スローテーパー」

ジグの適合ウエイトとロッドの関係性

ジグ1つ1つの動きの特性

を考慮してロッドとジグを組み合わせていくと、ジグのアクションは無限大に広がるんです。

さらに狙う魚の種類によっても、反応しやすいジグのアクションが存在します。

1本のジギングロッドに固執せず、大切なのはジギングロッドとジグの組み合わせとなります。

最初の1本がわからないひとにおすすめのロッド