ジギングリール

ジギングを始める前に|覚えておきたい【ジギングリール】のノウハウと基礎知識

ジギングリール基礎知識

ジギングでは「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」がメインターゲットになります。

これらの魚は青物と呼ばれ、強烈な引きが魅力です。

「ジギングの道具の中で、何が一番重要なの?」と聞かれれば、ずばりジギングリールです。

特に「ヒラマサ」「カンパチ」は、近海ジギングで狙えるターゲットとしては、最高峰のトルクとパワーを持った大型青物となります。

ジギングリールも業界トップレベルの技術を駆使したものでないと、魚を上げられないばかりかリールの故障の原因にもなります。

ジギングに適切なスペックを持ったリールは、自然と高価なものに数が絞られてくるのです。

ジギングでは大型のスピニングリールを使用する

青物をターゲットにしたジギングでは、ハイピッチのスタイルが主体となります。

小魚を模したジグを、できるだけ高速に大きく動かすのが効果的。

時には食い気のない魚に対して、リアクションバイトを誘うのも有効な手段となります。

機敏な動きでジグをスライドさせるには、大型のスピニングリールが圧倒的に有利になります。

大型スピニングリールの利点は、ハンドル1回転に対してのラインの巻き上げ量がベイトリールよりも優れていること。

ジグを大きく素早く動かすことに関しては、ベイトリールよりも優れています。

ジギングではHGとPGのリールを使い分けよう

ジギングリールには、HGとPGの2種類のスピニングリールが存在します。

どちらが優れているというわけではなく、場面や状況によって使い分けましょう。

巻き上げ重視のHG(ハイギア)リール

HGはハイギアの省略です。

ハンドル1回転に対して巻き取れるラインの量が、同サイズのリールよりも多くの巻けることに特化したギアを表します。

【自転車で例えると】

5段階ギアであれば、ギア1では軽く漕げますよね。

しかし、より多くの回数を漕がないと進みません。

逆にギア5では重い力でペダルを漕ぐ分、その回数は少なくなります。

つまり、自転車でいうと「HGリールはギア5」に相当するんです。

しかし、ラインを巻き取る際に、ハンドルの回転が重く感じるのがデメリットです。

素早く大きな幅でジグにアクションを出したいのであれば、HGリールの使用をおすすめします。

トルクに優れたPG(パワーギア)リール

PGはパワーギアの省略のこと。

ハンドル1回転に対して、同サイズのリールよりも少ないパワーでラインを巻けることに特化したギアを表します。

自転車でいうと「PGリールはギア1」に相当します。

HGリールとは逆の発想となります。

同サイズのリールよりもハンドルを回す力は軽く感じます。

しかし、ハンドルを回す回数が多くなることがデメリットです。

一定のレンジでより長い時間ジグを見せたい時

大型カンパチなどの強烈なトルクに負けないパワーが必要な時

に有効になります。

ジギングリールには剛性に優れたギアとベアリングが必須

青物をメインターゲットにしたジギングは、オフショアフィッシングの中でも大変ハードなジャンルになります。

  • ヘビーなジグを、長時間しゃくり続けるために必要な剛性ギア
  • 大型青物の突っ込みに対して、スムーズなリールの逆回転に必要な剛性ベアリング

さらには、真下から受ける魚の引き抵抗に水圧も加わります。

それらの負荷にも耐えるには、超ハイスペックなリールが必要となるんです。

最初の1台がわからないひとにおすすめのジギングリール